初心者用のFXの雑誌では「マイナスになった場合はナンピン買いをして、ポジションの平均を価格をコントロールする」などと説明されていたりする事もありますが、実際はこれは隠れたリスクがあると考えます。浮気 調査 探偵

まずは、ナンピン買いの原理について分かりやすく記述します。レバリズムl 最安値

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。任意整理結婚

ドル買いのため円安になればなるほど利益が大きくなるわけですが、1ドル=95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。

このまま保持し続けたとしたら、損失が戻るためには、5円分円安ドル高に向う必要があります。

みんな、赤字は早急に戻したいと考えるでしょう。

この状況を変えるため最初に買ったのと同じ量の$(ドル)を、1ドルを95円で買います。

それによって、全体のコストは1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

すなわち、2円50銭の幅で円安が進むと、損を失くせます。

これが、ナンピンの原理です。

このとおり、ナンピン買いの理論を目にすると、「なるほど」という考えになるが為替は易々と問屋を卸してくれない。

元々、95円が底値だということなど、なんびとも想像できません。

たとえば、市場がドル安動向だとすれば1ドル95円では下げ止まることなくさらに一層ドル安が加速する可能性が高くなります。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンをした時に1ドル=95円までドル安が速んだら、ナンピン買いした分にも為替差損が生じます。

そういう状態では最初に持ったポジションと一緒に2倍の為替差損を被ることになる。

この例のように、ナンピン買いは難しいのだ。

それなら、相場が自らの物語とは逆にさっさと進んだ場合どの手法で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

そこで取るべき対策は多くはありません。

まずひとつは潔くポジションを諦める事です。

ふたつめは今、自分自身が持っているポジションを小さくする事によってもう一度マーケットが元のようになるのをじっと待つ事です。

かなり主体性のない術だと感じる方もいると思います。

だがしかし、自分が所有している買いポジションに損失が生まれた時最も正しい方法はこの他には考えられません。

確かに、理屈の上では、ナンピンする手段もありえます。

だけどナンピンは損失を出しているにもかかわらずポジションを整理するどころかそれとは反対にポジションを重ねていく方法である。

これでは、危険を削減することなど、どこをどうやっても不可能だと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続ければいつの日にか損失が回復するかもしれません。

だがしかし、その前にお金がショートしてしまうだろう。