クレジットカードを契約していると必ず、クレジットカード会社から利用代金明細が送付されます。

これらご利用明細を見るとどこで何時ごろカード決済でどれだけ消費したのか明細が見やすい表になっているため過去のそのカードを使った支払いの履歴を見るにおいてたいへん簡単で便利でもあります。

これ一本で使うにはなんともきびしいのではないかと思いますが便利なおこづかい帳のようなものに仕上げることもいいアイディアだし貯金管理がもっとやりやすくなるはずです。

それからこのカード利用明細の案内があってから一般的に一か月後経つか経たないかでカード代金の支払いが行われます。

だからクレカご利用明細を目ざとく見ていて何か疑問に思う支払い、もしも行ったこともない場所があったとしたらカード会社に電話をかけて調査してもらえば良いことがほとんどです。

それで偽造による乱用等のユーザー以外による使用が見つかった時でもクレカカードの名義者に何か理由(落ち度)がない限り、大方の場合はクレジットカード会社がその内容を免除してくれます。

今ではそのような明細書をインターネット上で見られるブランドが増えてきています。

いつどんなものを決済したかを把握しておくといったことで不正から身を守るのはもちろんのこと、収支記録としても使えて金銭管理等も可能です(インターネットで利用履歴を見ることがすることができるブランドは以前の利用可能残高等も確認可能な場合が多です)。

クレカは上記の観点からもとても力になるモノなのではないでしょうか。