どこにでもあるビギナー向けの外国為替証拠金取引の書籍では、「損をした時はナンピン買いで全体の買い付け価格を下げる」と書かれていると思いますが、現実にはナンピン買いには相当の罠が隠れています。クリアネオ 通販

まずは、ナンピン買いの手法についてとても簡単に述べておきます。オイリー肌に乳液はニキビの原因になりやすい?!

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。ベルタ育毛剤

ドル買いということでドル高に推移するほど儲けを得られますが、思い通りに行かず1ドル95円までドル安に振れてしまったとします。ゴキブリ対策赤ちゃん

その場合ポジションを保持し続けたら、損失が回復するまでには、マイナス分円安に動く必要があります。プロミス  在籍確認

赤字は出来るだけ早くリカバリしたいと願うでしょう。愛され葉酸

ここで最初にエントリーしたのと同額の$を1ドルを95円で取引します。

すると、ポジションの平均の単価は97円50銭まで低くすることができる。

言い換えると、2円50銭の幅で円安ドル高が進行すれば、赤字を失くすことが出来ます。

こういったことがナンピンの理論です。

ナンピンの方法を聞くと、「なるほど」と考えたりするが為替は容易には上手くはいきません。

1ドル=95円が下値だということなど、誰にも想像できません。

たとえば、為替が相当に強いドル安地合だったら、1ドル95円ではとどまらず、更に一段のドル安に向う可能性は高くなります。

1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず95円までドル安になったとしたらナンピン買いを入れたポジションも為替差損が生じます。

こういう状況では初めに注文したドルと一緒に差損を被ることになります。

この例のように、ナンピン買いは難しいです。

であるなら、外国為替市場が脚本とは反対に進む場合どんな術で危機を回避すればいいのでしょうか。

こういう状態で選ぶべき対策は多くはありません。

ひとつはあきらめて損切りをすること。

もうひとつの方法としては、現在、自分か保有しているポジションを減らす事で、もう一回市場が元のようになるのを黙って待つことだけです。

消極的なやり方だとみる人もいるkもしれません。

だが、自分の買いポジションにマイナスが出た場合、妥当な術はこの他には期待できない。

当然、理屈の上では、ナンピン買いを入れるという考え方も有効です。

けれどもナンピン買いはあなたが損をしているのに、買いポジションを減少させるどころか、逆にポジションを積み重ねていく方法である。

この手法では、危機をコントロールすることなど、どうやっても不可能だと考えたほうがいいです。

ナンピン買いをし続けられればいつかは利益を上げられるかもしれません。

だけど、そうなる前に投資資金が不足してしまいます。