クレジットカード請求の口座引き落とし不可のケースが頻発している・・・。76-4-15

不履行をせずともクレジット代金の口座振替日において口座残高が足りておらずカード利用料口座振替がされない事態が何度も発生してしまっているような時、発行会社のほうが『いつも債務過多のようである』と想像してくるために失効となってしまう場合があります。76-10-15

支払い能力は十々有しているのについ忙しくて振り替えできない状態になる・・・なんていう行為を続けられてもクレジットカード発行会社に言わせれば信頼できない会員というステータスにされてしまう恐れがあるから、他社からの借入をしているかそうでないかによらず没収させられる場合もあるので注意が必要です。76-2-15

金銭にだらしのない人の採点はどうしても高くはないのだ。76-15-15

ただの一度でもこのようなカード請求金額の引き落としができないという問題が出るとクレジットカードの利用期限まで利用できたとしても以降の継続更新ができないケースこともあります。76-7-15

それだけ重要なものだと認識して約定日に関してはいつでも記憶しておくようにしたほうが良いです。76-8-15

カード現金化という換金術を利用する。76-19-15

クレジットカードのキャッシング額がいっぱいになり、もうこれ以上消費者金融からお金を借りられない際にカード現金化などといったクレカのショッピング限度額を使用する手段を使用した場合それによりクレカの強制没収させられてしまう事例も存在するのです。76-18-15

元はといえばクレジットカード会社は条項において換金目的のカードの使用を許していないために、クレジット現金化利用=カード規約違反=没収となったとしてもおかしくないのです。76-6-15

ついつい現金化などというものを使用すると、ローン残高の一括支払い請求等を受ける場合が存在するので、絶対に関わらないようにしていただきたいのです。76-16-15


76-11-15 76-3-15 76-9-15 76-17-15 76-14-15